新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

コム・オンボ

コム・オンボ (簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

アラビア語名の音
Kawm Umbu
英語、他
Kom Ombo

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 コム・オンボは、エジプト=アラブ共和国上エジプト地方で、ナイル川流域に位置する町。

 「コム・オンボ」はアラビア語で「オンボスの丘」といった意味。近傍にコム・オンボの神殿遺跡を擁す。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 コム・オンボの町は、上エジプト地方のアスワン県で、県域中部北寄りに位置。アスワン市の北45km強ほど、ルクソール市の概ね南170km弱ほどにあたる。観光客の多くは、アスワン市から観光バスなどで訪れる。

 中心街区は、ナイル川右岸側で川べりから数km離れたあたりに立地。基幹鉄道の駅も設けられた町で、鉄路のさらに東側に、ナイルから引いた水路も流れている。ナイル川岸周辺にも農作地が多い。

 周辺は農作地で、町は周辺の農作物の集散地。

 居住者にはヌビア人の比率が高め。これらのヌビア人たちは、概ねがアスワン・ハイダム建造に伴い、移住してきた人々の子孫だ。

 コム・オンボの町の北20kmほどで、ナイル渓谷は、東西幅が一旦、かなり狭くなっている。両岸に砂岩の崖が迫り流域平地は狭い。コム・オンボの町あたりは、古代にはスウェネト(アスワン地方あたりの古代エジプト地名)に到る前の中継地のようにイメージされていた。

 コム・オンボの南でも、ナイル渓谷の幅が狭くなっていて、コム・オンボ周辺の流域平地は、盆地に似たような地形になっている。この土地で盛んな農業の主作物は、サトウキビや穀類。


 現在のコム・オンボのあたりでは、古代には上エジプト第1ノモスの都オンボス(古代エジプト名ネベト)が営まれていた。
(この古代都市オンボスは、現在のケーナ県でナイル川流域に営まれていた古代の町オンボスとは同名の別の町)

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

捕捉情報

【参照地図】

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/04/05 14:14:33
キーワード:
参照:[コム・オンボの神殿遺跡] [クヌム神] [ノモス] [ナイル川] [ヌビア人] [ナカダ] [アスワン市]
このページは凍結されています。