新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アメンエムハト4世

アメンエムハト4世 アメンエムハトよんせい (簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

アラビア語名の音
(調査中)
英語表記
Amenemhat IV
フランス語表記
Am?n?m?s IV

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 アメンエムハト4世は、古代エジプト?の中王国時代?、第12王朝?のファラオ?だった人物。

 第12王朝末期のファラオだが、細かな事跡はあまり解明されていない

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 アメンエムハト4世は、先代であるアメンエムハト3世の息子だった。トリノ・パピルス?によれば、「9年3ヵ月27日」ファラオの地位にあった、と記されている。

 アメンエムハト3世在命中に共治王だったと思われるが、その期間にも諸説あるヌビア地方で発見された岩窟碑文を証拠に、アメンエムハト3世が統治した最後の1年間(統治46年め)が、4世の統治初年だった、とする説が有力説になっている。

 この説に従うなら、アメンエムハト4世がファラオになったのは、紀元前19世紀末か、あるいは紀元前18世紀はじめになる。4世の統治期間は、B.C.1814年〜B.C.1806年とも、B.C.1797年〜1789年とも言われる。あるいは、B.C.1772年〜B.C.1764年とする説もある。

 アメンエムハト4世の治世年を記した古代碑文は、シナイ半島ワディなどで営まれた鉱山跡で知られている。さして大きな事件は記されていないので、あるいは、治世は概ね平安だったのかもしれない。

 ただ、彼の死と共に、王朝には混乱が生じた可能性が高い、と考えられている。アメンエムハト4世の跡を継いだのが、女性ファラオのセベクネフェルだったからだ。セベクネフェルは、現在知られる限り、古代エジプトで最初の女性ファラオだった。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

別称類

主要国の言語

  • アラビア語名の音=(調査中)
  • 英語表記=Amenemhat IV
  • フランス語表記=Am?n?m?s IV
  • スペイン語表記=Amenemhat IV
  • ロシア語表記=Аменемхет IV
  • 中国語表記=阿蒙涅姆赫特四世

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/05/10 12:53:36
キーワード:
参照:[ユーセフ運河] [小辞典ワールド編] [セベクネフェル] [クァルーン湖] [歴史上の実在人物] [アメンエムハト3世]
このページは凍結されています。