新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ハルガ市

ハルガ市 ハルガし

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

アラビア語名の音
El-Kharga
英語名
Kharga
フランス語名
(調査中)

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ハルガ市」は、エジプト西方沙漠北部にあるハルガ・オアシスの行政中心地。南北の方が東西より長いオアシス地帯の、北部に位置している。

【参照地図】

追加情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小事典版推奨判定
「情報+知性 目標値=8〜10」
簡単な情報 (シナリオによっては、ゲーム前ブリーフィングでプレイヤーに伝えるGM裁量をしてもいいかもしれない)
 ハルガ市は、アル-ワディ・アル-ジャディッド県の行政中心地でもある。エジプトの他県同様に、大統領に任命された県知事が、中央政庁から派遣され県を統治している。
 そうした関係で、しばしば「市」として紹介されているが、現地のイメージは、現代的な建物は多いものの、大きめの「街」といった風情。人口5万人級(2007年)で、「西方沙漠内最大の街」と言われる。
 ハルガ・オアシスや、その周辺に散在する村落や町の中心地ではある。「ハルガ・オアシスの中心街区のことを『ハルガ市』とも呼ぶ」とイメージした方が、実態に近いかもしれない。
 この中心街区は、ハルガ・オアシス北部の南西寄りに開けている。
小事典版推奨判定
「情報+知性 目標値=10〜12」
やや詳しい情報 アシュート市からハルガ・オアシスに到った舗装された沙漠道は、ダフラ・オアシス方面から至った舗装沙漠道と、ハルガ・オアシス中心街区の北郊外で交わっている。
 北を上にした「イ」形に近い三叉路で、北西方向から来るのが、アシュート - ハルガ・ルート。南東方向から来るのが、ダフラ - ハルガ・ルート。三叉路の交差点から南に進むと、“ハルガ市”の大きなストリートに通じている。
 “ハルガ市”の位置は、アシュート市の概ね南南西にあたり、地図上の直線距離でおよそ230kmほどに位置。ダフラ・オアシスムトの町の概ね西方にあたり、地図上の直線距離でおよそ190kmほどにある。
 ちなみに、三叉路が交差する地点の北には、ヒビース神殿遺跡?が位置している。
 ホテルの類は、決して数は多くないが、外国人向けの設備も持った高いホテルから、エジプト人の国内旅行者向けの中級ホテル、安宿まで幅が広い。概して、サービスの水準はいいようだ。
【参照地図】
小事典版推奨判定
「歴史+知性 目標値=10〜12」「情報+知性 目標値=12〜14」
やや詳しい情報 ハルガの町は、旧くはオアシスの町で、ベルベル系の住民が主体だった。
 旧街区は、ヒビース神殿の遺跡?から南に下ってきた通りから東に外れたあたり、街区全体の南東部に奥まっている。
 新街区は、近年、エジプト当局が進めているトシュカ・プロジェクト?の関連事業の関係者が多数移転してきて、再開発されたもの。さほど大きくはないが、アル-ワディ・アル-ジャディッド博物館もある。この博物館では、ハルガ・オアシスだけでなく、西方沙漠のオアシスから出土した遺物が広く収集展示されている。
 新街区も、多層ビルなどが立ち並ぶ“都市”といった風情では無いが。平屋や2〜3階建ての建物にも、鉄骨モルタルや、鉄筋コンクリートといった現代的な作りの物が目立つ。
 “ハルガ市”周辺の、主要な遺跡、史跡には、次のようなものがある。
  • ヒビース神殿の遺跡?
    ハルガ市中心街区の北郊外に近接。B.C.600年頃の末期王朝時代?には遡るアメン神殿の遺跡。ただし、現存する構造体は、エジプトがアケメネス朝ペルシア?に支配された時期からプトレマイオス朝?の時代にかけて修築されたもの。
  • ナドゥラ神殿址?
    ヒビース神殿の遺跡の概ね西に近接。
  • バガワードの墓域?
    ヒビース神殿の遺跡の概ね北で、主要地方道からの脇道を西にそれた先に位置。
    紀元後2世紀頃から7世紀頃にかけてのコプト教の共同墓地。泥レンガを用いた墓廟が300基弱発掘されている。
  • クァーサル・エル-レベッカ?
    ローマ時代に建立された砦(クァーサル)のような建物の遺跡。
    ヒビース神殿の遺跡の北方で、沙漠内にある。
  • アイン・ウンム・ダハディブ?
    ローマ時代に沙漠内を行くキャラバン・ルート沿いに、ハルガ・オアシスの玄関口のように建てられた建物の遺跡。クァーサル・エル-レベッカの概ね西方で、沙漠内にある。
  • エッ-デール?=かつて、ハルガ・オアシスとナイル川流域とを結んだキャラバン・ルート沿いに建てられていた防備用の砦の遺跡。“ハルガ市”の街区の概ね北東で、沙漠内に位置。
  • クァーサル・エル-グウェイタ?
    「クァーサル(城砦)」の通称で呼ばれているが、古代の神殿の遺跡。“ハルガ市”の中心街区の南方、ハルガ・オアシスの南縁あたりに位置。
  • クァーサル・エル-ザヤーン?
    「クァーサル(城砦)」の通称で呼ばれているが、プトレマイオス朝?時代に建立された神殿の遺跡。“ハルガ市”の中心街区の南方で、ハルガ・オアシスの南縁あたりに位置。クァーサル・エル-グウェイタの概ね南にやや離れて近接。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

【参照地図】

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/04/23 14:32:15
キーワード:
参照:[ハルガ・オアシス] [アル-ワディ・アル-ジャディッド県] [エジプト=アラブ共和国の諸地域]
このページは凍結されています。