新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ムト,ダフラ・オアシスの〜

ダフラ・オアシスのムト (暫定版)

記事内容、追加調査中の暫定版です。

アラビア語名の音
Mut(ムート)
英語表記
Mut
フランス語表記
(調査中)

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ムトの町」は、エジプト=アラブ共和国ダフラ・オアシスで、地域に散在する多数の集落(村)の中心地になっている街。ダフラ・オアシスのうちでは、最も大きく最も現代化した町並みになっている。

 およそ7万5千人ほどが居住するとされるダフラ・オアシスで、1万5千人以上がムトの町で暮らしている。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小事典版推奨判定
「情報+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 ムトの街は、オアシス地帯の南寄りに位置。ハルガ・オアシスの概ね西方、地図上の直線距離でおよそ190kmほどにあたり、ファラーフラ・オアシスの概ね南南東、地図上の直線距離でおよそ300kmにあたる。
 どちらのオアシスからも中心地を経由した舗装された自動車道が、ムトの街に至っている。ただし、どちらの自動車道も、西方沙漠で、風化しきらずに残った谷地地形を通っていて、大きく屈曲している。
 ファラーフラ・オアシスからの道は、北方からムトの街に入り、ハルガ・オアシスからの道は、北東方向から街に至っている。両方の道が交わるあたりが、ムトの町の中心タフリール広場。
 タフリール広場の南に少し離れたガーマ広場は、さらに南方に向かう旧キャラバン道に続いている。未舗装(と、想定)の道で、スーダン領北西縁を極短距離横切って、リビア領キレナイカ地方南東部に至っている。
【参照用地図】
小事典版推奨判定
「交流+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 ムトの街には、安めだが比較的快適な宿泊施設や、食堂が複数ある。これらは必ずしも観光客向けではないが、サービスは悪くない。(トシュカ・プロジェクト関係者など商用客を想定したサービス、と想定)
 ムトの街まで足を伸ばす観光客は、決して多くはないが、皆無ではない。街には、小さな博物館や観光案内所も整備されている。オアシス内の各地を回る、運転手やガイドつきのサービスもある。ファラーフラ・オアシスや、バフレイヤ・オアシスにあるような、沙漠ツアーのサービスは、ダフラではレギュラー・プログラムではなく、かなり高いオプションで要相談になる(と、想定)。
小事典版推奨判定
「歴史+知性 目標値10〜12」、「情報+知性 目標値12〜14」
やや詳しい情報 ムトの町近傍には、古代から、ダフラ・オアシスの中心的な集落が営まれていた。
 現在の町並みの北西30kmほどに離れた位置に、崩壊した日干しレンガの堆積がマウンドのようになった古代ムトの遺跡が遺る。地名はムト女神にちなんだもの。
 マウンド化した古代集落の概ね東方10kmほどに近接しているのが、アル-クァーサル。8世紀頃にオアシスにイスラム教が伝わった後に築かれた、中世アラビア風の城壁都市だ。半ば、ゴースト・タウン化しているが、現在も700人ほどの居住者がいる。
 現在のムトの町は、それ以前の集落が、再開発され、コンクリート作りの平屋が多い。トシュカ・プロジェクト?(ニュー・ヴァレイ・プロジェクト)に関連した産業で、新規に移入してきた人口を受け入れて大きくなり、再開発された。
 ムト近傍には、他に、次のような遺跡、史跡が知られている。
  • アル-クァーサル=中世のラブ風城砦都市。
  • 古代ムトのマウンド=古代都市の日干しレンガが崩壊し遺丘状になった地区。
    アル-クァーサルの概ね西方、地図上の直線距離で10kmほどに位置。
  • デール・イルハガル?=ローマ時代の1世紀に建立された石造りの神殿跡。
    マウンド化した古代都市跡南部の東方に至近。石灰岩の丘の上にある。
  • ムザワア岩窟墓群?=ローマ時代に営まれた墓域。石灰岩の丘の岩壁に掘削された岩窟墓群。
    デール・イル・ハガルの北東、アル-カスルの概ね西方にあたる。
  • バラート村?=ハルガ・オアシスからムトの町に至る自動車道の途上、ムトの東北東30km弱ほどに位置する農業集落。オアシスらしい農村で、イスラム教の聖者廟がある。
  • バシェンディー村?=バラート村の概ね東方8kmほどにあたる。舗装自動車道から北にはずれたあたりで、やはりハルガ・オアシスに至る未舗装の旧キャラバン・ロード近傍に位置。バラート村よりも小さい。
    近傍にエジプト王朝時代からローマ時代まで続けて営まれた墓域がある。
    近傍の砂丘の下には、古代エジプト時代の神殿址が埋もれているとされているが、本格的な発掘調査は公式にはなされていない(と、想定)。1951年に、砂嵐で砂丘が崩れたときに現れたが、その後再び埋もれてしまった。

 

GM向け参考情報

  • GM向けの補足情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

参照地図

補足情報

  • ムトの町とハルガ・オアシスとの間は、日に3便程度のバス便が発着。
    ムトの町と、ファラーフラ方面との間は、週に数便の著距離バスがある程度。

別称類

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/04/19 08:51:09
キーワード:
参照:[古代ムトの遺跡] [ハルガ市] [ダフラ・オアシス] [ダフラ・オアシスのクァーサル]
このページは凍結されています。