新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

デュランド・ライン

デュランド・ライン
(暫定版)

英語表記
Durand Line
フランス語表記
Ligne Durand
ロシア語表記
Зона племён
中文表記
杜〓〓
(〓は表示できない漢字)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「デュランド・ライン」については、一応、「関連技能を持たないPCは、予備知識なし」の処理でも不自然ではないと思われます。

追加情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小事典版推奨判定
「歴史+知性 目標値=8〜10」「情報+知性 目標値10〜12」
簡単な情報 (必要に応じてゲーム前ブリーフィングブレイクを使いGMから素でプレイヤーに伝えてもいいかもしれない)
 「デュランド・ライン」とは、主に、現在のアフガニスタン=イスラム共和国パキスタン=イスラム共和国との間の国境線を指す別称。
 1893年に、U.K.(連合王国)とアフガニスタン王国?国王アブドゥール・ラフマン?との間で策定された。当時のU.K.側交渉団代表の名前から「デュランド・ライン」と呼ばれる。
 正確には、デュランド・ラインを確定させた協定書では、当時のアフガニスタン - インド国境だけでなく、ワハン回廊のアフガニスタン帰属やアム・ダリア?沿いの国境線なども策定された。
 アフガニスタン - インド国境は、現在も、パキスタン、アフガニスタン両国の間で継承され、国際承認されている形になってはいる。
 が、当初はアフガニスタン側に不満は多かったようで、第1次世界大戦後?の1919年、アブドゥール・ラフマンの孫、アマヌッラー?は、アフガニスタンのアミール?(国王)に即位すると、「インド帝国?(当時)側のパシュトゥーン人?の故地を取り戻す」ことを唱え、デュランド・ラインを越え、侵攻した。
 この侵攻は第3次アングロ・アフガン戦争と呼ばれるが、U.K.(連合王国)側は、軍用複葉機を戦線に投入。開戦後1ヵ月で、アフガニスタン側から休戦が提案され、さらに2ヵ月ほど後に停戦された。
【参照地図】
小事典版推奨判定
「陰謀+知性 目標値=10〜12」「軍事+知性 目標値=12〜14」」
簡単な情報 現在も、パキスタン、アフガニスタン両国の間で継承され、国際承認されている形になっているデュランド・ラインだが、「アフガニスタン領南東部と、パキスタン領の部族地域との間で、パシュトゥーン人の牧畜民は、今でも、国境など気にせず往来を続けている」と、言われる。
 このタイプの観測は、ことの性質から真偽の確認が困難だが、この件については、確からしい。
 例えば、1949年、「国境を不法に越えている集団」が原因になって、パキスタン側で軍部隊が発砲。この時、当時のアフガニスタン王国の評議会だったロヤ・ジルガは「デュランド・ラインは無効である」との判断を採決した。この後、数年間、アフガニスタンとパキスタンは、国境線を巡る対立を続けた。
 1949年以前も以降も、アフガニスタン側の歴史家たちの間では、デュランド・ライン無効論が多く唱えられている。例えば−−
  • デュランド・ライン策定は、U.K.から軍事援助を受けていたアブドゥール・ラフマンが、外交圧力に屈したものなので、不当。
  • ラフマンは、デュランド・ラインを暫定的なものと考えて協定を結んだだけ。
  • ラフマンは、協定書には署名したが、国境線の引かれた地図には署名していないので、不当。
  • ラフマンは、国境が持つ政治的な意味を良く理解しないまま条約に署名した。
−−など、比較的無難な説から、かなり無理な説まで、いろいろ聞かれる。U.K.側では、普通、「正当な交渉の結果定められた」とされている。
 いずれににせよ、デュランド・ラインを確定させた協定書の期限は1993年に時限切れになっているが、その後、デュランド・ラインの国境線を前提にした条約にアフガニスタンも署名しているはずだ。
 2001年に倒壊したアフガニスタンのタリバーン政権も、「デュランド・ラインは無効」としていた。
 さらに、タリバーン政権が倒壊した後、アフガニスタンの新政府は、たびたび、「パキスタン政府は国境を越えてテロリストがアフガニスタン領に入ることを黙認している」とか「パキスタンの情報機関がテロリストを送り込んでいる」とかの非難を繰り返した。
 ところが、2005年にパキスタン政府が、国境沿いに越境者防止用フェンスを設置しはじめた際には、アフガニスタン政府の激しい調子でこれを非難。パキスタン当局は、フェンス設置を中途で取りやめた。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin