新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

神聖言語メッセージ・カード

神聖言語メッセージ・カード しんせいげんごメッセージ・カード

何に使うか

 アストラル・システムとの接触や、神聖言語に接触したキャラクターが得る神聖言語イメージを表現し、処理するためのカード。

 神聖言語との接触では、キャラクター側から働きかけなくても、神聖言語の方から超自然的な影響力がキャラに及び、神聖言語イメージを垣間見ることもある。

 基本的には、アストラル・システムに接触したキャラが、人間の認知能力では整理をつけ難い情報の奔流を、脳裏で一挙に感知した状態を表現するために使う。

用紙

 5×5の魔方陣から、四隅を除いたような構成の、21のマス目からなる。

 用紙はAPPENDIXに掲載されている。また、より小さなサイズのブランクカードは、ルールブック公開情報、p.113にも掲載されている。

 いちいちコピーをとるのが面倒な人は、ワードやエクセルで、ブランクカードの表組データを自作して、必要に応じてプリントアウトしていく手もある。

 ハガキ大のカードにプリント・アウトすると手頃だと思われる。

 あるいは、A5やB5のシートに2面が入るようにデータを組み、プリントアウト後に半裁していってもいい。

使い方

 アストラル・システムとの接触をしたPCの担当プレイヤーは、最初の判定に成功すると、記入された神聖言語メッセージ・カードを受け取る。

 カードに記された神聖言語イメージは、アストラル・システムとの接触で、PCの脳裏に流れ込んだ心象イメージのようなものを現す。

 普通は、GMに、メッセージの意味を尋ねても、ストレートな回答は帰ってこないだろう。

 GMの方針にもよるが、原則として、プレイヤーは受け取ったカードを他のプレイヤーに見せない方がいいだろう。

 GMも、カードを2つ折りにして渡していくと、特に断らなくても、ほとんどのプレイヤーは他のメンバーにみせようとしないらしい。

 カードを受け取ったプレイヤーは、担当PCが、神聖言語イメージにどこまで対抗できたかの判定を連続することになる。

運用例

 例えば、崩壊する遺跡や、高Levクリーチャーの出現、オーパーツの暴走に伴う天変地異など、クライマックスに想定している危険の予兆を、オーパーツや、神聖言語に能動的接触を試みたPCに限って、神聖言語イメージで示していく、という使い方もある。

 あるいは、GMのマスタリング方針にもよるだろうが、神聖言語イメージを「シナリオの重要な背景情報を、わざとわかりづらく錯綜させてプレイヤーに示す」ものとして扱う、使い方もある。

 考え方は、いろいろあるだろうが、神聖言語イメージを得なくても、ミッション達成には支障はないが、もし、神聖言語イメージを得ると、背景の謎解明に近づく大きな手がかりを得られる、あたりが基本的なさじ加減の1種と思われる。

 チップス(ちょっとしたコツ)としては、シナリオ・メイクのときに、21マスすべてを文字で埋めた、比較的分かり易いカードを用意しておき、セッションの展開や、プレイヤーのアプローチ、判定の達成値などに応じて、適宜、文字を抽象記号に置き換えていく、という手法が結構便利だ。

活用や検討

活用

検討

  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は書き換えられても仕方なし、ってことで)

更新日時:2005/12/11 18:44:04
キーワード:
参照:[小辞典道具編] [黄金の樹の枝(限定情報以上級設定)01] [神聖言語イメージ] [APPENDIX] [神聖言語] [チップス集]
このページは凍結されています。