新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アヌ・アガス

アヌ・アガス

公開情報級解説

 「アヌ・アガス」は、デイビッド・スターライトの著作『アストラルの黎明?』で、「あらゆる感情と思想が渦巻いている」「人の心の総体」と呼ばれている。高次元の存在が作ったもので、アヌ・アガスにとっては時間さえも意味がない、そうだ。(ルールブック、p.112)。

 セレスティアル・ゲートで、「世界心霊ネットワーク」とも呼ばる。アヌ・アガスにアクセスすると、超自然的な知識を手に入れることができるが、精神汚染を被る危険が伴う。(ルールブック、134)。

 どうやらアストラル・システムの別称か、あるいは、セレスティアル・ゲート流の解釈らしい。

限定情報級解説

秘匿情報級解説

  • 秘匿情報」の内容は、ルールで口外が禁じられてる。

 「増補待ち」?

GM向け参考情報

補足情報

  • セレスティアル・ゲートの主流説では、アヌ・アガスとは「20億年ほど前、地球上にはじめて生命が誕生したときには、すでに存在していた」そうだ。

運用

セレスティアル・ゲート
  • セレスティアル・ゲートの主流説では、アヌ・アガスとは「20億年ほど前、地球上にはじめて生命が誕生したときには、すでに存在していた」そうだ。
    なんでそんなことがわかるのか? とか、地球上にはじめて生命が誕生したときから「人の心の総体」があったのか? とか、セレスティアル・ゲートのメンバーに尋ねると、事情が許す限り、懇切丁寧に説明してくれるだろう。説明を聞くなら、プレイヤーは、担当PCが関連縁故を獲得するリスクを覚悟すべきだ。
    NPCは、さらに親切にもセレスティアル・ゲートが刊行している分厚い本をくれたり、サイトで公開されている関連コンテンツのURLを教えてくれたり、近場で定期的に開かれている勉強会に誘ってくれたりするかもしれない。
  • なんと恐ろしいことに、セレスティアル・ゲートの刊行書や、公開コンテンツを読むだけで、関連縁故を被ってしまうこともあるかもしれない。
    この辺は、GM裁量にもよるが、デイビッド・スターライトマロリー博士の著作は、超自然的な影響力を有す、との運営をお勧めしておきたい。
    さらに書いておくなら、彼らの著作の内容を理解(?)するとしたら、知性系の判定より、直観系の判定の方が向いていることだろう。例えば、「分析+直観」などという、一見するとなんだかよくわからない判定は最適だ。
    「分析+知性」や「情報+知性」では、いくら成功しても「よくわからない」という結果を得ることをお勧めする。大成功すれば、「論旨のどこに論理的な過ちがあるか」わかるかもしれないし、大失敗すると、内容を信じてしまうかもしれない。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/08/21 21:07:49
キーワード:
参照:[黄金の樹の枝(限定情報以上級設定)01] [アストラル・システム] [オフィシャルNPCと組織、他]
このページは凍結されています。