新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

キュレーネ

キュレーネ (Kyullene)

PCが予め知ってていい情報

 キュレーネは、古代ギリシアの神話、伝説で語られるニンフの1人。アポロン神?に見初められ、子をなしたエピソードで知られる。

追加情報

小辞典版推奨判定
「表現+知性 目標値12」
詳しい情報 アポロン神?との間に子をなしたキュレーネは、テッサリア?のキュレーネ。ギリシア神話では、他に、アルカディア?のキュレーネも知られている。アルカディアのキュレーネは、自分の名にちなんで、キュレーネ山に命名した、と言う。

小辞典版推奨判定
「表現+知性 目標値14」
専門的知識 テッサリア?のキュレーネは、オケアノス?とガイア女神?の娘クレウサ?が、ペネイオス川?の川神との間に設けたニンフ。ペネーイス(ペネイオス川の娘たち)であるダフネスティルベとは、姉妹ということになる。
 ラピテス族?の族王に娘として育てられていたキュレーネは、ピンドス山中で王の所有する畜群を飼っていたが、あるとき、これを襲ってきたライオンと戦い、素手で打ち倒した。これを見初めたアポロン神?は、ケンタウロス?のケイローン?からキュレーネの素性を聞くと、リビア(この場合は、ナイル・デルタより西の地中海南岸をヘレネス?(ポリス時代の古代ギリシア人)が、漠然と指した地域名)にかどわかして交わり、息子で後にカドモス?王の女婿となるアリスタイオス?をなした。
 あるいは、後代古代キュレーネ王国?やエジプトのアレクサンドリア?で唱えられた異伝では、リビア地方を荒らしていたライオンをテッサリアから渡ったキュレーネが打ち倒して、キュレーネ市を創建したとも言う。(⇔ 「キュレーネの遺跡」)
 アルカディア?のキュレーネは、ペラスゴス人?の始祖であるアルカディア王ペラスゴス?の妻となり、アルカディア諸都市の開祖リュカオーン?を生んだとも、リュカオーン自身の妻だったとも伝えられる。
 また、生まれて間もないヘルメス神?を養育したのは、実はアルカディアのキュレーネだった、とする異伝も知られる。(普通は、アトラス?の娘の1人マイア?と言われる)
 ローマ時代の詩人ウェルギリウス?は、テッサリアのキュレーネを、ペネイオス川の地下を流れる川が地上の川に合流する直前の洞窟に棲んだナイアデス?(河川や泉のニンフ)の1人とした。

GM向け追加情報

小辞典版推奨判定
「表現+直観 目標値14以上」
インスピレーション ギリシア神話に同名の人物は少なくないとは言え、アッティカのキュレーネとテッサリアのキュレーネの物語は、あるいは、樹木のニンフであるドリュアデスや、森のニンフ、アルセイデス?、山のニンフ、オレイアデス?などのように、特定の性格のニンフを指す古い時代の類名としての「キュレーネ」があったことを示すのかもしれない。ライオンを素手で打ち倒すと言った荒々しいエピソードは、古い時代の名残を予想させる。
 あるいは、アッティカのキュレーネのキュレーネ山命名譚などは、キュレーネが古い時代の地方神(地母神?)が零落した存在であることを暗示するものかもしれない。
小辞典版推奨判定
「魔術+直観 目標値14以上」
インスピレーション アッティカのキュレーネとテッサリアのキュレーネは、それぞれが、何らかのアストラル存在から、同種の精神汚染を被った別人だったかもしれない。あるいは、超古代の知恵を伝える不老者の1人だった可能性もある。
 まあ、山野の精霊の性格を、異なる地域のヘレネス?が別個に理解した、って言うのが普通の理解だがね。

別称類

 古典ギリシア語?による古代風の名は「キュレーネー」。

活用や検討

活用

検討

  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は書き換えられても仕方なし、ってことで)

更新日時:2005/11/25 19:11:09
キーワード:
参照:[キュレーネの遺跡] [ニンフ] [神話、伝説のキャラクター] [スティルベ] [ダフネ]
このページは凍結されています。