新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

インド洋のランド・マーク

インド洋のランド・マーク

 インド洋海域に属す地名の内、「現存する国家や行政体の領域との関連が薄いもの」から扱っていきます。主に、海域、島嶼、海底地形などの地名が増えるでしょう。

  • 例えば、アイスランド共和国やプエルト・リコ?は「現存国家」関係で、アイスランド島?やプエルト・リコ海溝?は「ランド・マーク」で扱うものとします。
    歴史的地域名についても、多くは「ランド・マーク」で扱うことになると思われます。

 日常語で使われる「ランド・マーク」の用法とは違いますし、もちろんルールブックでも見当たらない用法です。

注記

 このページに記す記事は、皆「PCが予め知ってていい情報」とします。

インド洋のランド・マーク

インド洋 インドよう
 5大洋?の内では3番めの広さの海域。7大洋の区分でも、5大洋と同様の海域を指す。
(インド洋と、大西洋、太平洋?を、「3大洋」と称すこともある)

コモロ諸島 コモロしょとう
 アフリカ大陸南東沿岸の沖合いで、モザンビーク海峡?の北口に散在している諸島。マダガスカル島?北西岸から、4つの大きめの島が、概ね北西方向に並んでいる。アフリカ側の3島がコモロ連合の領域を構成。マダガスカルに1番近いマヨット島?他は、フランス領とされているが、コモロ連合も領有権を主張している。
 諸島周辺の海中には、シーラカンス?が生息していることが知られている。
大西洋インド洋海嶺 たいせいよう インドよう かいれい
 南大西洋の南縁部で、喜望峰?の南南東から、サウス・サンドイッチ諸島?の西方にかけての海底に広がっている海底山地の総称。
南西インド洋海嶺 なんせい インドよう かいれい
 インド洋の概ねの中央部やや西寄りから、南西方向に連なっている海底山地を一括して呼ぶ地名。
プリンス・エドワード諸島,インド洋の〜 インドようの プリンス・エドワードしょとう
 マリオン島?とプリンス・エドワード島?の2島からなる諸島。インド洋の南西海域で南極圏?の、極、近くに位置。現在は南アフリカ共和国の領土とされている。ポート・エリザベス?の、概ね南東1,170kmほどにあたる。
ペルシア湾 ペルシアわん
 アラビア半島?の北東岸と、イラン=イスラム共和国南西岸とに囲まれた湾。北西〜南東方向に細長く、幅の狭いホルムズ海峡?を経た後、オマーン湾?を介してアラビア海?へと通じる。
 湾内、湾岸には油田が多く、周辺地域では、第1次世界大戦?後の頃から、石油利権が絡んだ係争が繰り返されて来ている。
ベンガル湾 ベンガルわん
 インド洋の北東部で、インドシナ半島?北西部、アンダマン諸島?、ニコバル諸島?と、インド半島?との間に開けた大きな湾。湾奥にはバングラデシュ人民共和国、及びインド共和国の西ベンガル州?が位置。
マィォット島 マィォット島
 アフリカ大陸?とマダガスカル島?との間で、モザンビーク海峡?北口に位置するコモロ諸島の島。諸島の内ではマダガスカル島側に1番近く、南東端に位置している。
(日本語表記では、「マヨット島」とも)
 フランス領で、フランスの海外準県が営まれている。コモロ諸島の他の島を領土にしているコモロ連合も、領有を主張している。コモロ語?による現地名は「マホレ島」。
レユニオン島 レユニオンじま
 インド洋の南西海域で、マダガスカル島?の東方800kmほどに位置する島。フランス共和国の海外県が設けられている。フランス語では、「ラ・レユニオン」。
更新日時:2009/08/15 15:32:40
キーワード:
参照:[地理関連の用語] [ランド・マーク] [小辞典ワールド編]
このページは凍結されています。