新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ブルターニュ地域圏

ブルターニュ地域圏 
ブルターニュちいきけん
(簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

フランス語表記
R?gion Bretagne
英語表記
Brittany Region

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ブルターニュ地域圏」は、現在、フランス共和国の“本土領”に設けられている広域地域圏の1つ。

 “本土領”北縁の西端でブルターニュ半島?を占めている地域圏。北縁はラマンシュ海峡?(イギリス海峡)に南縁は、ガスコーニュ湾(ビスケー湾)に面している。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 ブルターニュ地域圏は、フランス“本土領”にコルス地方公共団体も含め、22設けられている州レベルの広域行政区の1つ。

 北東でバス・ノルマンディー地域圏に、東縁の概ねでペイ・ド・ラ・ロワール地域圏に隣接。北方ではラマンシュ海峡?を介して、グレート・ブリテン島?南西のコーンウォール半島南西イングランド)と対面している。

 地域圏の地勢は、概ね平坦だがブルターニュ半島?の脊梁線に沿うように、アルモリカル山系?に属す500m内外の緩やかな丘陵が連なっている。地層は古く、丘陵の裾は風化作用で準平原化。

 地域には囲われた農地が多く、穀物と牧草を輪作する農法が続けられている。


 首府のレンヌ市?は、地域圏東端のイル=エ=ヴィレーヌ県?県都も兼ねている。県域の概ね中ほどに立地。地域圏全域では、東端の内陸にあたる。

 現在は、西端のフィニステール県?、中部北側のコート=ダルモール県?、中部南側のモルビアン県?、及び、東端を占めるイル=エ=ヴィレーヌ県の4県からなる。土地面積は、27,209平方km。人口は、およそ310万人強(2007年)。

【参照地図】

 フランス革命以降、フランス中央政府による中央集権的な言語政策で、地域でもブルターニュ語(ブルトン語)の話者は減った。近年は、少数言語として復興の努力もなされている。

さらに詳しい情報

「増補待ち」

GM向け参考情報

 ブルターニュ地方には、新石器時代の巨石遺構が多い他、サンマロ湾?奥にはユネスコ世界遺産のモン・サンミッシェル?が存在。

 ケルト・ネタなども有望な地域です。

参照地図

リンク

関連項目

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/04/08 00:18:30
キーワード:
参照:[ブルターニュ地方] [バス・ノルマンディー地域圏] [ヨーロッパ州のランド・マーク]
このページは凍結されています。