新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ブラーフィ人

ブラーフィ人 
ブラーフィじん 
簡易版

英語表記
Brahui people
フランス語表記
Brahui peuple

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ブラーフィ人」は、イラン高原南東部のバローチスタンに多く居住しているエスニック・グループ。

 母語は、ドラヴィダ語系統のブラーフィ語?

 居住が多いのは、現パキスタン領西部のバローチスタン州の内、中部を占めるクァーラト地方の山岳地帯から、北方に隣接するアフガニスタン領にかけて。クァーラト地方東縁の中央クァーラト山脈?は、彼らの故地のようにイメージされることもある。

 他に、現イラン領南東部にも集住地が見られる。

 パキスタン、アフガニスタン、イランに居住するブラーフィ人の総計は220万人ほど、と推測されている。

【参照地図】

追加情報

小事典版推奨判定
「言語+知性 目標値=8〜10」「交流+知性 目標値=10〜12」「歴史+知性 目標値=10〜12」
簡単な情報 (必要に応じてゲーム前ブリーフィングブレイクを使いGMから素でプレイヤーに伝えてもいいかもしれない)
 ブラーフィ人は、北ドラヴィダ語系統の言語を伝えているエスニック・グループ。ドラヴィダ系のエスニック・グループの間では、山岳地方で孤立。他のドラヴィダ系集団との関係は、絶えて久しいグループだと思われる。
 ブラーフィ人は、歴史的に地域のバローチ人と密接な関係を持ってきた。例えば、クァーラト藩王国の版図拡大では、武力集団として協力的だった、などだ。
 ブラーフィ語の語彙には、バローチ語から流入したと推測される借用語彙がかなり多い。
 おそらくは、こうした歴史を背景にして「ブラーフィ人の先祖は、バローチ人から別れて、地域の先住民に同化した集団だった」との伝承が、ブラーフィ人、バローチ人双方の間で広く信じられている。
小事典版推奨判定
「交流+知性 目標値=8〜10」「歴史+知性 目標値=10〜12」
簡単な情報 (必要に応じてゲーム前ブリーフィングブレイクを使いGMから素でプレイヤーに伝えてもいいかもしれない)
 ブラーフィ人の伝統的な生業は、遊牧?、半農半牧と、種々に及んでいた。伝統的な遊牧ブラーフィは、テントを持って定住しない山岳遊牧民、半農半牧のブラーフィは、天水に頼った農耕を主に山地での移牧も営むスタイルだった。
 最近では完全な遊牧生活を送るブラーフィ人はほとんどいなくなり、多くが、夏営地を定めて家をもち、冬季にのみ低地でテント生活を送る半定住生活に移行しているようだ。
 信教は、ほとんど全員がスンナ派イスラム信徒を自認。
 伝統的には、身分制の部族複数に別れ、世襲的な部族指導者タックリ(首長)を、世襲的な支配身分サルダール(Sardar)が戴いていた。部族内の被支配民は、サルダールの者が選抜指名した代官に統制される習慣だった。
 現在、ブラーフィ人の部族関係は、都市部を中心にかってのような拘束力を失いつつあるようだ。
 ただ、非都市部では、今でもサルダールが、政府と部族民の仲介役を勤めている。
小事典版推奨判定
「歴史+知性 目標値=10〜12」「交流+知性 目標値=12〜14」
やや詳しい情報 ブラーフィ人部族間の連携は弱く、それぞれが自律的。
 ただ、17世紀〜18世紀にかけ、バローチスタン地方が騒然とした時期、アフマドザイ族を中心に、緩い部族連合を結んで、協同して軍事活動をおこなった。
 この部族連合は、地域にU.K.の影響力が及びだした頃には確固として機能していたようだ。
 その後、パキスタンが独立した頃には、部族連合は機能しなくなっていた。
小事典版推奨判定
「表現+直観 目標値=10〜12」「歴史+直観 目標値=12〜14」「交流+知性 目標値=12〜14」
やや詳しい情報 ブラーフィ人が「バローチ人の後裔だ」という伝承とは別に、「ブラーフィ人は、古代インダス文明を営んだ民族の末裔だ」との伝承も、かなりのブラーフィ人の間に伝えられている。
 この部族伝承に、「シュメール人、ドラヴィダ系説」が組み合わさって、「ブラーフィ人の先祖集団はシュメール人のルーツだった」と言う真偽の定かでない説や、「シュメール人が故郷に逃れて、現在のブラーフィ人はその後裔」といった眉唾な説が唱えられることがある。
 さらに、「バローチ人の後裔説」が組みあわさって「バローチ人こそシュメール人の後裔だ」という、ほとんどトンデモな説も聞かれる。
小事典版推奨判定
「交流+知性 目標値=12〜14」「歴史+知性 目標値=14以上」
詳しい情報 ブラーフィ人の男子には、婚姻相手に、父方のイトコを選好する伝統が強い。父系父方集住で拡大家族を営む生活が理想とされるが、これを長期実現する例は多くはないようだ。
 また、父親の死後に、長兄を中心に拡大家族が再編成されるような例は、普通は見られない。

GM向け参考情報

捕捉情報

ブラーフィ人の分布

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/09/03 16:57:50
キーワード:
参照:[クェッタ] [スィースターン・バルーチェスターン州] [クァーラト,パキスタン=イスラム共和国の〜] [ザーヘダーン] [ブラーフィ人]
このページは凍結されています。