新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

生存技能

生存技能 せいぞんぎのう

 「生存技能」は、「ブルーローズ」のキャラクターに設定される24種の技能の1つで、牡羊座の技能。

 技能値は、キャラクターの耐久性や野外などで生存するテクニックを試される類の判定に用いる。(ルールブック、p.60)

ルールの検討

 生存技能は、技能値を「野外サバイバル経験の経験度を示す数値」とみなしていくと、概ね楽に運用できるだろう。

運用

基本

 ルールブックに見られる用例。

「生存+器用」判定
  • 食料の入手(ルールブック、p.60)。
    これは、「野外での飲食物の入手」の意味だろう。ルールブックには、狩猟にも使う、とあるが、食用植物の採取などにも使って構わないだろう。
「生存+耐久」判定
  • 過酷な環境に耐えて生き残る(ルールブック、p.60)。
「生存/制作+器用」判定
  • 罠の作製判定(ルールブック、p.60)。
    特に記述は見当たらないが「罠の作製」行為は、この判定方式限定と解した方がいいだろう。

応用

 ルール準拠、ないしは順当な適用で、ルールブックに用例の見あたらない使い方。

「生存+知性」判定
 「サバイバル知識の量」を判断するときに使うといいだろう。
 もちろん知ってるだけと、実際に実行できることに差があることも多い。例えば、毒性の植物を見分けたりするには、この判定でいいだろう。薬用植物を見分けるには、この判定を使い、それなりに手間をかけた煎じ薬を作るには、別の判定を課してもいい。

ハウス運用

 部分的なルールの拡大解釈も含んだ応用例。

「生存+直観」判定
  • 雪崩や嵐、津波などの予兆を、観測用電子機器などを使わずに察知する場合に使っています。
    この、ハウス運用を導入するときは、「警戒+直観」判定との使い分けが考えどころになります。とりあえず、警戒技能の運用を限定気味に解釈していくハウス運用でやってます。
    「戦闘に関わる事柄は、警戒技能優先で、生存技能を使うと目標値を高くする」「野外の自然環境で、自然現象に代わる判定は、逆で、生存技能を優先」、こんな運用でやってます。例えば、キャンプ地に野獣が近づいて来てるのに気づくかは、警戒技能優先。
    街中で、自爆テロや、時限爆弾テロの危険を直観できるかも、「警戒優先」でやってます。
睡眠不足の処理
  • 「睡眠不足」状態のキャラクターは、シーンの冒頭か、シーンは続いても「場面」が変わった最初に「生存+耐久」判定をしたらどうだろう。
    生存技能の拡大解釈気味かもしれないけど、不寝番をする、などの状況で使いたい。
    目標値は、睡眠不足の程度に応じてGM判断。失敗で−1状態を、大失敗で−2状態を適用。
    耐久能力の高いキャラは、睡眠不足にも強いのだ。

生存技能を使ったハウス・ルール

 「ハウス運用」との区別は、他のルールや、ゲーム運営ゲーム・コンセプトも考慮して判断するといいでしょう。

  • ハウス・ルールは、増えたら積極的に別ページに分けてくといいように思います。
◎◎を処理するハウス・ルール

活用や検討

活用

このページの記事内容についての検討

  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)

更新日時:2006/08/08 12:07:51
キーワード:
参照:[情報技能] [生存技能] [耐久能力] [小辞典ルール編] [警戒技能] [シリア=アラブ共和国] [チップス集] [技能]
このページは凍結されています。