新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ゲーム・コンセプト

ゲーム・コンセプト

題材

 「ブルーローズ」で扱われる冒険は、「21世紀のリアル・ワールドと、見かけは変わらないシームレス・ワールドを舞台に、国際的学術財団所属するPCが、超古代文明の謎を秘めていると思われるオーパーツを巡ってワールド・ワイドに繰り広げる冒険」になる。

デザイン・コンセプト

 デザイン・コンセプトは、「ゲームの過程を楽しみながら、GMやプレイヤーが、それぞれの立場から物語が紡がれる過程に参加し、冒険のスリルを感じる」疑似体験を楽しむストーリー・ゲーム

 「友人など普段から知っている顔見知りとプレイ」する、気軽なカジュアル・プレイで、数回〜13回程度のキャンペーン・プレイを想定。(ルール運用に工夫をする、PC候補を限定するなどしていけば、単発セッションやコンベンション・プレイでも楽しめるだろう)

 マテリアル・ゲーミングの手法と、シネマティックな手法とを活用して遊んでいくデザイン。

  • 適したセッション・メンバー数、水準的セッション時間などについては「セッション・スペック」の項を参照のこと。

勝利条件

 「冒険活劇を再現し、ゲームを通して冒険を体験すること」をゲームの目的とし、「ミッションを成し遂げ」ることと「冒険物語を紡ぎ出す」ことの両立を勝利条件とする。

ゲーム・コンセプト関連用語

ルールブック 第1章「ゲーム・コンセプト」

 ルールブック第1章、「ゲーム・コンセプト」によれば、ブルーローズのゲームコンセプトには、以下の諸要素が含まれている。

疑似体験 ぎじたいけん
 「ゲームの過程を楽しみながら、GMやプレイヤーが、それぞれの立場から物語が紡がれる過程に参加し、冒険のスリルを感じること」と言ったところが、ルールブック(p.22)で宣言されている、ブルーローズでの疑似体験についての要点と思われる。
ゲームの目的 ゲームのもくてき
 ブルーローズのゲームの目的は、ルールブックでは、端的に「現代を舞台にした宝捜しをテーマに、冒険活劇を再現し、ゲームを通して冒険を体験すること」と規定されている(ルールブック、p.25)。
 この規定文の意味は、もちろん前後の記述を参照して理解しなくてはいけない。この部分の文章だけを独立させ、文字通りの意味にとるべきではない。
シネマティック
 「映画的手法を多用し、映画のような物語を楽しむ」ゲーム・コンセプト。
シームレス・ワールド
 ブルーローズセッションで扱われる冒険の背景世界を指す。冒険の背景をなす世界が、「フィクションではあるが、現実世界の延長線上にある」ことも意味している。ゲーム・コンセプトの1つの柱。
勝利条件 しょうりじょうけん
 「ミッションを成し遂げること」と、「冒険物語を紡ぎ出すこと」との両立が、ブルーローズの勝利条件と規定されている。(ルールブック、p.25)
ストーリー・ゲーム
 ストーリーゲームについては、「ストーリーを共有し、創作し、受容する楽しみ」と関係づけた説明がルールブックの第1章でなされている。
 ゲーム・コンセプトの1つと思われるが、具体的内容は、ルールブック内の他の記事も参照しないと掴みづらい。(ルールブック、p.22)。
21世紀 にじゅういっせいき
 「21世紀」という言葉はルールブックで、単元見出しに用いられたりしてる(p.24)。
 これは、ブルーローズの冒険舞台が、今現在のリアル・ワールドとシームレスな関係にある、とのゲーム・コンセプトをさらに補強しているのだと思われる。
ワールド・ワイド
 PCの「活躍の舞台は世界全土」に及び、「日常の生活からかけ離れた秘境や異国」の舞台設定を楽しめる、というゲーム・コンセプト。(ルールブック、p.23)
 ブルーローズのゲーム・コンセプトで、1つの柱になっていると思われる。

ゲーム・コンセプト関連

 ルールブックの第1章には、直接の記述が見当たらないが、ゲーム・コンセプトとの関わりが深い、と思われるものとして、以下が考えられる。

カジュアル・プレイ
 「友人など普段から知っている顔見知りとプレイ」する、気軽なプレイを指す(ルールブック、p.19)。
 「ブルーローズ」で提唱された独自の用語で、ゲーム・コンセプトとの結びつきは強い。
キャンペーン・プレイ
 1度のセッションで、プレイを終わらせず、同じ担当キャラを成長させながら、何度もセッションをおこなうTRPGの遊び方。
 ルールブックによれば、ブルーローズでは「知名度縁故運命はキャンペーンにおいてこそもっとも表現力豊かに機能する」とある。(ルールブック、p.33)
マテリアル・ゲーミング
 「シーンごとのクリア目標を、具体的なもので示す」手法。
ルールブック記事の情報等級 ルールブックきじのじょうほうとうきゅう
 ルールブックの記事は、公開情報限定情報秘匿情報に3大別され、後者2種には閲覧に条件が課せられている。この記事の扱い(閲覧条件、他)や、3大別自体を、便宜的に「ルールブックでの情報の等級付け」、「情報等級」などと呼ぶことにしたい。
 情報の等級付けは「ブルーローズ」ルールブックの大きな特徴の1つになっている。
ローズ考古学財団の基本理念 ローズこうこがくざいだんのきほんりねん
 ブルーローズ部門もPCチームも、当然知っているべきだし、当然、行動原則として踏まえるべきローズ考古学財団の基本理念。ルールブック、p.25のコラム(「ブルーローズの目的」)に記されている。
 この行動原則を軽視すると、セッションでの暴走が起き易くなるらしい。
更新日時:2008/07/24 17:04:18
キーワード:
参照:[マテリアル・ゲーミング] [製作技能] [ハウス運用:PCは神聖言語を知っているか?] [操縦技能] [直観能力] [ブルーローズ部門] [シネマティック] [チップス,キャンペーン・マスタリングの〜] [飛行艇でドナウに着水してもいいか?] [表現技能] [オフィシャルNPCと組織、他] [ルールブック記事の情報等級] [シームレス・ワールド] [コンベンション・プレイ] [大失敗] [セッション・スペック] [格闘技能] [分析技能] [耐久能力] [敏捷能力] [誘惑技能] [共感技能] [ローズ考古学財団の基本理念] [マーカー類] [調達技能] [シーン・チェンジ] [縁故] [小辞典道具編] [ストーリー・ゲーム] [Truth In Fantasy 『超古代文明』] [軍事技能] [魔術技能] [小辞典] [オーパーツ] [キャンペーン・プレイ] [段階処理] [出来ばえ判定] [ブルーローズのメンバーシップ] [シリア=アラブ共和国] [ブルーローズ] [ワールド・ワイド] [情報技能] [カジュアル・プレイ] [ミッション] [ゲームの目的] [グレーター・ロンドン] [ゲーム・コンセプト] [運動技能] [チップス,キャンペーン・プランニングの〜] [疑似体験] [陰謀技能] [ゾディアック・メンバー] [勝利条件] [超古代文明] [知性能力] [キャスト・レベル] [犯罪技能] [隠密技能] [ルールブック] [筋力能力] [警戒技能] [小辞典ルール編] [ローズ考古学財団] [生存技能] [セクション・ペーパー類] [言語技能] [歴史技能] [電脳技能] [地位技能] [交流技能] [パンノニア平原] [21世紀] [早業技能] [治療技能] [意志能力]
このページは凍結されています。