新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

電脳技能

電脳技能 でんのうぎのう

 「電脳技能」は、「ブルーローズ」のキャラクターに設定される24種の技能の1つで、蟹座の技能。

 「コンピュータに代表される専門ハイテク機器を使いこなす技能」と、ルールブック、p.60〜61にはある。ルールのこの箇所だけ読むと、意味に迷い易い。ルールブックにある用例を参照していくといいだろう。

 技能値は、電子機器を使用する判定に用いるが、一般向け機器を普通に使う分には判定不要。

(例えば携帯電話を普通に使う、パソコンでインターネットにアクセスする、程度の行動は判定を要さない)

 一般向け電子機器でも高度な使用、専門的電子機器の使用、及び、電子機器全般の修理には、電脳技能の技能値を用いた判定を要すはず。

 技能値が高いと、ハード・ウェア、ソフト・ウェアのトラブルにも対処できる。ソフトウェアを改造したり、オリジナルに組んだりすることにも挑戦できる。

 「専門ハイテク機器」と聞くと、例えばハイテク診断機器の類か? と、考えてしまうが、「電脳技能」で扱う対象は、それらも含むが、限定でもないらしい。ルールには「インターネットなどのハイテク・インフラの使用にも影響する」と記されているからだ。

 どうやら、ルールに見られる「専門ハイテク機器」とは、ニュアンス的には「携帯電話やワープロの一般的使用に技能はいらないよ」程度の意味らしい。多分、デジカメやデジタル・ヴィデオ撮影機の操作も、プロ専用機器でなければ、高い技能値はいらないのだろう。

ルールの検討

 電脳技能は、要するに「ソフト・ウェア、ハード・ウェア、両面を含んだ電子機器の使用に関する技能」。ただし、「一般ユーザー向けに作製されたハード、ソフトを、マニュアル通りに使うだけなら、必ずしも高い技能値は必要としない(一般ユーザー向けのハード、ソフトでも、高い効果を期待するなら、技能値もそれなりに必要になる)」――、といった技能。

 ルールブックp.61には、「電脳+知性」判定の用例として、「専門的なハイテク機器を使用する、修理する、ウィルスを取り除く、プログラムを組む」とある。この部分は、おそらく「電子機器の修理も含んだ、専門的な取り扱いができる」といった意味だろう。

 電脳技能値がさほど高くなくても、一般向けにリリースされているウィルス除去ソフトは使える、とした方が、用例との関係から納得し易い。もちろん、除去できるのは、一般的に対処法が知られるに至ったウィルス類で、陰謀組織が密かに開発したウィルスだの、超古代文明に由来するヴァーチャル知性体だのに対処するには高い技能値が必要になるはずだ。

 そうした、超プロ級の領域も含めた「専門的な取り扱い」を処理する技能、と考えるといい。

 では、どこからを「専門的な取り扱い」と考えるか? これについては、ルールブック、p.53にある「目標値の考え方」を参照するといい。

運用

基本

 ルールブックに見られる用例。

「電脳+知性」判定
  • 電子機器の専門的な取り扱いを処理する(修理も含める)。(ルールブック、p.61)
  • 専門家用に特に製作された電子機器を操作する。(修理も含める)。(ルールブック、p.61)
  • 一般ユーザー向けの電子機器でも修理をするには、この判定を使う。(ルールブック、p.61)
    以上は、ルールブックで一括して書かれている記述を、「ルールの検討」に記した考えに即して、あえて分割して整理しました。
  • ウィルスを除去する。(ルールブック、p.61)
    一般向けウィルス除去ソフトでは対処できない類のこと、と考えたい。
  • プログラムを組む。(ルールブック、p.61)
  • 電子的なデータ・ベースで情報を収集する。(ルールブック、p.92)
    場合によっては「電脳+直観」も使用。
「電脳+直観」判定
  • インターネットの検索ソフトを使って情報を収集する。(ルールブック、p.61)
  • 電子的なデータ・ベースで情報を収集する。(ルールブック、p.92)
    場合によっては「電脳+知性」も使用。
「電脳+社交」判定
  • インターネットの友人に話を聞く。(ルールブック、p.61)
「電脳/製作+器用」判定の組合わせ判定
  • 電子機器の修理。(ルールブック、p.62)

応用

 ルール準拠、ないしは順当な適用で、ルールブックに用例の見当たらない使い方。

本当に専門特化した電子機器を使用する判定
 例えば、医療用に特化作製されたCTスキャン機器を使うなら「電脳/治療+知性」の組合わせ判定を指定するといい。同様に、出土遺物の表層を3D画像に精査記録するなら「電脳/分析+知性」を使うなど。
インターネットの検索ソフトを使って情報を収集する判定の処理
 ルールブック、p.61には「電脳+直観」とある。一方、p.91には「電子的なデータ・ベース」の検索は、「電脳+知性」または「電脳+直観」とある。
 「検索エンジンだって、1種のデータ・ベースだろう」と考えるGMは、検索エンジンの使用にも「電脳+知性」の使用を認めるといいだろう。その場合、使い分けの方針も考えておいた方がいい。
  • シンプルな運用は、「電脳+知性」を基本の判定方式として「電脳+直観」判定の目標値を高く設定していく運用。
  • 能力値の定義を踏まえると、例えば次のような使い分けも考えられる。
    「電脳+知性」は、データ・ベースや検索エンジンの特性を考え、キーワードを工夫したり、検索先のURLなどを考慮した情報収集。それなりに時間はかかるが、地道な効果が期待できる方法。「電脳+直観」は、あまり深く考えず、検索先のページ・タイトルなどを頼りに、直観で次々とページを飛んでいく、ネット・サーフィンに近い検索。ほとんど運試しに等しい。
    この使い分けの具体的な運用法は「ハウス運用」の項で検討したい。
「電脳+社交」判定
  • 情報収集のルール(ルールブック、p.92〜)の類例を根拠に、「電脳業界関係者からの聞き込みによる情報収集」に使うといいだろう。
    プログラマーやエンジニア、プロのサーチャーなどを含めるといい。

ハウス運用

 部分的なルールの拡大解釈、限定運用も含んだ応用例。

データ・ベース検索判定の運用
 まず、「プレイヤーから特に申告がない場合、ブルーローズ部門専用のデータ・ベースで検索を試みる」ものとみなす運用をお勧めする。
 この運用は、ワールド設定の解釈を含むが、一般装備としてPDAを持っているPCは、まず財団のデータ・ベース使用を検討するだろう、との考えによる。この運用を使うなら、予めプレイヤーに説明しておいた方がいい。
  • ブルーローズ部門の専用データ・ベースは、歴史、考古学関係の情報に詳しく、シャドウ・ウォー?陰謀組織関連の情報も、過去の報告書が蓄積されている。政治関係の情報は、世界遺産条約のように、文教関係の情報から詳しく、軍事関係、外交関係、経済関係の情報は、過去のミッション報告書に含まれる範囲でしか集積されていない。――ものとして扱う。
  • プレイヤーは、担当キャラにブルーローズ部門以外のデータ・ベースを検索させたい場合、予め「どんなデータ・ベースにあたるか」を申告する必要があるものとする。例えば、U.K.なりU.S.A.なり、国連なりの関係機関が公開しているデータ・ベースをあたるなど。
    この場合、特定のデータ・ベースが指定されない、ある程度曖昧な申告でもGMはプレイヤーの意を汲んで相談していくマスタリングが望ましい。
    例えば「ここの紛争について、信頼できるマスメディアの記事データ・ベースってあるよね?」「じゃあ、BBCの過去記事データ・ベースでいいかな?」
 プレイヤーから特に指定はないが、財団データ・ベース以外を使いたい場合、「グーグル」のような一般的検索エンヂンを使用するものとして処理。
 検索するデータ・ベースが決まったら、「判定方式」を決めてもらう。この運用は、「検索エンヂンも1種のデータ・ベース」とみなす場合にも使える。
  • 「電脳+知性」判定は、物語内時間をそれなりに消費するものとして処理し、「電脳+直観」判定は、さほど物語内時間を消費しない代わりに、判定に成功しても連続して運試し判定をおこなって結果を決めるものとする。
    (もっとシンプルに、「検索エンヂンのネット・サーフィン的な検索」は、運試し判定だけで処理してもいい。しかし、そこまでやるとルールを一部停止した上でのハウス・ルール導入になる)
 検索するデータ・ベースと「判定方式」が申告されたら、「プレイヤーが何を知りたいか」と「PCが検索に使うキーワード、検索条件」を申告してもらう。
  • GMは、プレイヤーが知りたいこととデータ・ベースの特性を考えて、目標値を設定する。
  • 「電脳+知性」判定の場合、キーワード、検索条件が工夫されたものだったら、それに応じて物語内時間の消費量を決めるといい。キーワードや検索条件があまり絞り込まれていない場合、判定に成功しても「膨大な量のファイルが表示されたので、本当に役に立つファイルを選り出すのに、物語内時間が相当にかかったよ」と処理していく。
  • 「電脳+直観」判定の場合、キーワード、検索条件が工夫されたものだったら、それに応じて運試し判定に使うカードの内容を調整していく。
 以上、紹介したハウス運用をフルセットで使用する場合、プレイヤーが申告できる「キーワードと検索条件」の総数を3〜5程度に制限していくマスタリングも、併せて紹介しておく。
  • セッション・メンバーが、全員インターネットの使用に詳しい場合、この制限は考えなくてもいいかもしれない。(しかし、制限を加えた方が申告時間が短くなる傾向はある)
  • セッション・メンバーに、インターネット使用にさほど詳しくない人が混じっている場合、「キーワードと検索条件の総数を3件まで」など、少なめに制限していく手法がある。これは、プレイヤー知識の多用から不公正感が生じるの発生を避ける意図の制限。お勧めしたいが、GMの考え方によっては採用しなくてもいいかもしれない。(各GMの自己判断で検討してください)
 以上の運用を使った場合、ウラ技っぽい申告で「ブルーローズ部門ではなく、ローズ・グループの企業データ・ベースにあたる」との申告があり得る。ローズ・グループのデータ・ベースは、ブルーローズのデータ・ベースより、経済、政治、外交のデータに詳しく(場合によっては軍事関係の情報もあるだろう)、その方面の情報も検索し易く構築されている、と考えるのは自然だ。
 GMには、「そのデータ・ベースは、普通のPCにはアクセス権限がない。ジェシカ・ローズかナサニエル?に事情を説明して調べてもらうか、特別な縁故を使用した判定でのみアクセス可能」としていく対処をお勧めする。(一般向けに公開されているローズ・グループの企業データ・ベースは、当然、社屋の所在や、業績広報などについてのデータ・ベースだろう)

電脳技能を使ったハウス・ルール

 「ハウス運用」との区別は、他のルールや、ゲーム運営ゲーム・コンセプトも考慮して判断するといいでしょう。

  • ハウス・ルールは、増えたら積極的に別ページに分けてくといいように思います。

活用や検討

活用


このページの記事内容についての検討

  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は書き換えられても仕方なし、ってことで)

更新日時:2006/07/27 00:26:06
キーワード:
参照:[調達技能] [小辞典ルール編] [チップス集] [技能] [情報技能] [社交能力]
このページは凍結されています。