新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

オーストリア共和国

オーストリア共和国 
オーストリアきょうわこく 
暫定版

英語名
Republic of Austria
英語名略称 Austria
ドイツ語?
Republik ?sterreich
ドイツ語名略称 ?sterreich
(ドイツ語?は、オーストリア共和国の連邦公用語

記事内容追加調査中の暫定版です

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 オーストリア共和国(リェパブリク・オブ・オゥストリァ)は、ヨーロッパ州の概ね中ほどに位置する内陸国の1つで、連邦制の共和国。第1次世界大戦?後に発足した共和国と区別して、「第2共和国」と呼ばれることもある。

 第2次世界大戦?直前の1938年に、ナチ・ドイツに併合され、戦後は連合軍の4カ国、U.S.A.(合衆国)U.K.(連合王国)フランス共和国、ソヴィエト連邦?に占領された。1955年、占領各国と条約を締結し、永世中立を宣言することで主権を回復。

 1995年にEU(欧州連合)?に加盟したが、軍事同盟への参加、大量破壊兵器の保有、国内への外国基地の設置などは、法規で認めていない。

国名
 「オーストリア共和国」及び、ラテン語ルーツの略称「オーストリア(オゥストリァ)」は、英語その他で国際的に広く通用。
 公用語指定されているドイツ語?による国名通称「エースターライヒ(ウェースターライヒ)」は、「東方の邦(Eastern Realm)」を意味する。ドイツ語正称は「レパブリーク・オブ・エースターライヒ」。
近隣諸国
 北西でドイツ連邦共和国と、北から北東にかけてチェコ共和国スロバキア共和国と隣接。東から南東ではハンガリー共和国と、南ではスロベニア共和国イタリア共和国と隣接。
 西ではスイス連邦と国境を接し、間に小国リヒテンシュタイン公国も挟んでいる。
国際関係
 1955年に占領が終了し、永世中立国として国連に加盟。1960年に結成されたEFTA(欧州自由貿易連合)に、原加盟国として参加。
 第2次大戦後は、社民党と国民党による2大政党政治の状況が続き、特に1970年代からしばらくは、社民党の長期政権が続いた。
 歴史的にも中欧諸国、特にバルカン地域西部の国々と関係が深く、冷戦期には、欧州東西の間で中立外交に勤めた。近年も、クロアチア共和国などのEU加盟について、積極的な働きかけをしている。
 1995年にEFTAを脱退し、EU(欧州連合)?に加盟。現在に至る。
 1999年の下院選挙で、移民受け入れ反対などを掲げた自由党が、第3党から議席を伸ばし、政権与党だった国民党との中道右派連立政権を形成。
 他のEU加盟諸国は、極右民族主義者と言われる当時の自由党党首の政権入りに反発。各国が前後して、オーストリアとの2国間の公的接触を政治レベルで絶った。オーストリア要人の訪問も受け入れない、との措置も採られた。この措置は、オーストリア国内の人権状況調査などを経て、2000年には解除された。
地域
 国土の輪郭(国境線)は、東が頭(腹)で、西に尾を伸ばしたオタマジャクシのような形状をしている。
 ヨーロッパ・アルプス?脊梁部の東部が、ドイツ、スイス、イタリアに囲まれたオタマジャクシの尾にあたる国土西部から、国土東部の南域まで続いている。国土東部でも、アルプス山系に連なる山地が続き、国土全域の2/3が山地に占められている。
 山がちな国で樹林も多く、山地から中小の地方河川が流出。東に行くほど軽やかな丘陵が増え、国土北東辺と南東辺とが概ねの平坦地(丘陵も少なくない)。どちらも、パンノニア平原に連なっている。
 国土北東では、ドイツ連邦共和国から流れてきたドナウ川が、緩く屈曲しつつ概ね東西に流れ、首都ウィーン?を経てスロバキア共和国に流出していく。
 地域は、「西部から東部に張り出しているアルプス山系」、「北東部のドナウ川流域」、「東部南東域の平坦地」に3大別することができる。大別した地域をさらに細別していくと、把握し易いだろう。
歴史
 現在の首都、ウィーンを都にしていたハプスブルク家は、15世紀からローマ皇帝位を世襲独占。ハンガリー、及びバルカン地域イタリア北部、ポーランド南部などを属領に、数世紀に渡って君臨した。
 神聖ローマ帝国は、19世紀はじめに解体し、ハプスブルク家が継続支配したオーストリア帝国も第1次世界大戦で滅びたが、オーストリアの社会には、南スラブ系諸民族に対する親近感が古くからある。
国情
 1999年に、EUの共通通貨ユーロを導入。導入後、経済状況が悪化したが、数年をかけた財政改革で持ち直した。
 2002年、国民党と連立政権を担っていた自由党内で政治路線の対立がこじれ、財相などが辞職。連立政権は解体。同年年末に実施された総選挙では、国民党が歴史的大勝利をおさめ、自由党は2/3近くの議席を失って後退。社民党も議席数を減らし緑の党と合わせた議席数でも過半数に届かなくなった。2003年、国民党と自由党とが新たに連立した内閣が新発足。
 一方、2004年におこなわれた大統領選挙では、社民党出身候補が52.4%の得票率で勝利している。 
 2006年現在、国情は概ね安定。移民受け入れ問題を中心に、外国人排斥を唱える政党はあるが、民間の差別主義グループなどは目立っていない。国民世論は、今のところ移民労働者などの問題について、概して冷静であるようだ。民族問題と移民問題の混同は少ないように伝えられている。
 2001年以降は、国内でテロ事件の類は起きていない。テロ事件の類は、1970年代に、主に過激派左翼グループが多発させたことはある。ただし、国際的テログループに対する警戒、捜査は、U.K.(連合王国)などに準じて厳しい(と、想定)。
近況
 2005年、自由党内の路線対立から、極右民族主義者と呼ばれる元党首が新党「未来同盟」を結成。連立政権に加わっていた自由党閣僚全員が未来同盟に移籍したため、政権は国民党と未来同盟の連立政権になった。
 2006年10月におこなわれた議会選挙では、与党国民党の議席は大きく後退。社民党が第1党となったが、外国人排斥を唱える自由党もわずかながら議席を伸ばした。未来同盟も議席を獲得している。
 当面、行政府の足場が弱い情勢になった。
考古学関係
 オーストリア北東部の低地オーストリアの一帯は、古くからドナウ川ルートの要衝になっている。
 新石器時代末に、流域ルートでドナウ川文化?が西方に広まっていった時は、一帯で独特の発展をしたと目されている。さらに後、ケルト系諸族の勢力圏になった。
 歴史記録が残るようになってからは、東方からの侵入勢力を、西方勢力が迎え撃つ拠点のような役割を何度か担っている。ローマ帝国が、軍営地ヴィンドボーナを築いたし、ハプスブルク家?のルーツも、そもそもは辺境伯爵家だった。
 考古学的には、石器時代の地域文化研究、ケルト文化の研究などが興味深い。
 また、ウィーンの学術研究機関には、オーストリア帝国時代にも遡ることができる東方研究の蓄積もある。東ヨーロッパ諸国やバルカン地域の諸国への調査に際しては、ウィーンを拠点にする方法も有望だろう。

オーストリア共和国の地図

オーストリア共和国の参照画像

追加情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小辞典版推奨判定
「交流+知性 目標値8〜10」「言語+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 「オーストリア(オゥストリァ)でおもしろいのはさ、ドイツ語で育った国民が主流派なんだけど、その内圧倒的多数が『自分たちは、ドイツ人じゃない』って言うことだな。
 第一の帰属意識は、住んでる都市や州にあるみたいで。これは、まぁヨーロッパでは珍しくもないけどな。スロベニア人やクロアチア人に親近感持ってて、その次くらいに、スロバキア人、チェコ人、マジャール人に親近感持ってる人が多いような印象だぁね」―― ワールド・ワイドなバック・パッカー
小辞典版推奨判定
「歴史+知性 目標値8〜10」「情報+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 1867年、オーストリア帝国は「アウグスライヒ(和解)」政策を採用。領内のハンガリー王国を、オーストリアと対等の独立国と認め、ドイツ語とマジャール語とを公用語にするなどした。オーストリア皇帝が、オーストリア王とハンガリー王を兼ねる同君体制だったので、「オーストリア=ハンガリー2重王国」とも呼ばれる。
 しかし、アウグスライヒの政策はかえって、マジャール人以外の帝国臣民から反感をかい、諸民族の独立運動が活発化した。
 1914年、現ボスニア=ヘルツェゴヴィナ?のサラエボで、オーストリア=ハンガリーの皇太子夫妻がセルビア人青年に暗殺される事件が発生。この「サラエボ事件?」がきっかけとなり、当時の大国間で締結されていた複雑な軍事同盟が連鎖。第1次世界大戦に至った。
 1918年、オーストリア帝国は降伏。前後して革命が起こり、共和国政府(オーストリア第1共和国)が発足。旧帝国の海外領土の領有権は放棄された。第1共和国は、1938年にナチ・ドイツに併合されて消滅した。
小辞典版推奨判定
「歴史+知性 目標値12〜14」
詳しい情報 ウィーンに都したハプスブルク家は、15世紀末からローマ皇帝位(神聖ローマ皇帝位)を世襲独占。数世紀に渡り、現オーストリア領を越えた広大な地域を、勢力下に置いていた。
 しかし、19世紀はじめ、属領だった南ドイツの小国がライン同盟を結成。フランスのナポレオンがその保護者になると、ハプスブルク家はそれまで用いていた神聖ローマ皇帝位を廃絶せざるを得なくなった。
 ハプスブルク朝のオーストリア王は「オーストリア皇帝」を称し、オーストリア帝国は、なおしばらくヨーロッパ中央部の大国としてふるまった。しかし、その領域は多民族が居住し、近代的な中央集権体制の整備は遅れた。
 19世紀にはイタリアのロンバルディア、ヴェネティア、南ドイツの所領などを次々失い、さらにプロイセン王国との戦争に敗北。ドイツ側では、オーストリアを除外したドイツ統一がなされた。
(背景には、旧神聖ローマ帝国としてカソリックが主流だったオーストリアに対し、プロテスタントが主流だったドイツの諸邦が結束したとの事情もあった)

GM向け参考情報

位置(再整理)

 オーストリア共和国は、ヨーロッパ州?の概ね中ほどに位置する内陸国。

近隣諸国
 北西でドイツ連邦共和国と、北から北東にかけてチェコ共和国スロバキア共和国と隣接。東から南東ではハンガリー共和国と、南ではスロベニア共和国イタリア共和国と隣接。
 西ではスイス連邦と国境を接し、間に小国リヒテンシュタイン公国も挟んでいる。

基本情報

  • 目標値8〜10程度の簡単な判定で、PCが知ってることにして構わないでしょう。場合によってはプレイヤーに事前提示しても可。

オーストリア共和国の基本情報 2009年版
(別ウィンドウで並べて見ると、多分便利)

地勢と地域

地勢と環境

 ヨーロッパ・アルプス?脊梁部の東部が、ドイツ、スイス、イタリアに囲まれた国土西部から、国土東部の南域まで続いている。国土東部でも、アルプス山系に連なる山地が続き、国土全域の2/3が山地に占められている。

 山がちな国で樹林も多く、山地から中小の地方河川が流出。東に行くほど軽やかな丘陵が増え、国土北東辺と南東辺とが概ねの平坦地(丘陵も少なくない)。どちらも、パンノニア平原に連なっている。

 国土北東部では、ドイツ領から流れてきたドナウ川が、緩く屈曲しつつ概ね東西に流れ、首都ウィーン?を経てスロヴァキア領?に流出していく。

 起伏に富み、高低さも大きいので、気候も多彩。

 西部の高山地帯は、高山性気候。天候は、変わりやすい。夏季は冷涼、冬季は大変寒冷で降雪も多い。

 東部で標高がさほどでもない土地は、基本的には温帯気候。緯度の割には暖かい。ただし、1日の内で気温の変動は大きめ。ことに、雨が降ると冷え込む。

 夏季の日中温度は、30℃近くになることもある。しかし、湿度は低めなので過ごし易い。冬は冷え込み、降雪も見る。

 東に進むほど、大陸性気候の影響を受ける。東縁の平地部では、やや乾燥。降水は5月〜8月頃に多い。

【参照】

地域区分

 地域は、「西部から東部に張り出しているアルプス山系」、「北東部のドナウ川流域」、「東部南東域の平坦地」に3大別することができる。大別した地域をさらに細別していくと、把握し易いだろう。

 行政上は、ウィーンの大都市圏も含めた9つの州から構成されている。

国土西部から東部に張り出しているアルプス山系
 アルプス山系山岳地の国内西部
ケルンテン州?、ザルツブルク州?シュタイアーマルク州、ティロル州?、フォアアルルベルク州?
 ザルツブルク州の州域北東部は、標高1000m未満の丘陵地が主。
国土北東部
 ドナウ川流域部
ウィーン州?、オーバーエスターライヒ州?ニーダーエスタライヒ州

:国土東部南東域の平坦地;パンノニア平原の東縁になっている

ブルゲンラント州?
 シュタイアーマルク州では、中部に標高1000m超の山地があり、東部は概ね500m内外の丘陵地が主。東縁部は、ブルゲンラント州に続く微傾斜地になっている。

人口分布

【参照データ】

 2000年の統計に準拠した、GPWvr3の人口分布図を見ると、グルクスタール・アルプス?の標高3000mあたりから上と、カルニケ・アルプス?の脊梁部あたりが、極端な過疎で平均人口密度、1平方kmあたり5〜24人。

 他は、ウィーン大都市圏と主要な地方都市に人口が集中。それ以外の土地は、1平方kmあたり25〜249人になっている。

 全土の平均人口密度は、1平方kmあたり98人ほどになっている。ゲーム上は、過疎地と主要都市以外の人口密度は98人未満としていいだろう。さらに、高低さなどに応じて異なった人口集中度を想定して構わない。

主要都市

ウィーン
 オーストリア共和国首都。人口、1,651,437人(2005年)。
グラーツ
 シュタイアーマルク州州都。人口、248,146人、周辺地域も含めると、305,000人ほど(2006年)。
リンツ
 オーバーエスターライヒ州州都。人口、188,968人、周辺地域も含めると、271,000人ほど(2005年)。
ザルツブルク
 ザルツブルク州州都。人口、150,000人ほど(2005年)。
インスブルック
 チロル州州都。人口、117,342人、周辺地域も含めると、 165,000人ほど(2006年)。

正規の出入国ゲート

スカイ・ゲート
 ウィーン、インスブルック市、クラーゲンフルト市(ケルンテン州)、ザルツブルク市、それぞれの近傍に国際空港が位置。
国際鉄路
 ドイツ連邦共和国との間には、基幹的鉄路が1路線、地方路線が6路線、敷設されている。
 チェコ共和国との間には、基幹的鉄路が1路線、敷設されている。この路線は、チェコ領に入ってすぐ分岐して、スロバキア共和国首都のブラスチラヴァ?に向かう路線、他に別れていく。
 ハンガリー共和国との間にには、基幹的鉄路1路線、地方鉄路1路線が敷設されてる。
 スロベニア共和国との間には、基幹的鉄路1路線、他、が敷設されている。
 イタリア共和国との間には、基幹的鉄路3路線、他、が敷設されている。
 スイス連邦との間には、基幹的鉄路1路線が敷設されている。
 リヒテンシュタイン大公国?との間には、地方路線級の国際鉄路、1路線が敷設されている。
主要国際自動車道
 ドイツ連邦共和国との間には、8ルートの主要国際自動車道が、敷設されている。
 チェコ共和国との間には、主要国際自動車道4ルートが、敷設されている。
 スロバキア共和国との間には、主要な国際自動車道1ルートが、敷設されている。
 ハンガリー共和国との間にには、2ルートの国際自動車道が敷設されているが、このルートは高速道とそのバイパス道で、国境部ではほとんど併走している。他に、ウィーンから、スロヴァキア首都ブラスチラヴァに至るルートと連絡し、ブラスチラヴァからすぐ、ハンガリー領北西端に入るルートもある。
 スロベニア共和国との間には、主要な国際自動車道が2ルート敷設されている。
 イタリア共和国との間には、主要な国際自動車道が3ルート敷設されている。
 スイス連邦との間には、主要な国際自動車道が1ルート敷設されている。
 リヒテンシュタイン大公国?との間には、主要地方道級の国際ルート2ルートの他、山間地方道的な道路亜数本、敷設されている。
国際河川
 ドナウ川ムーラ川

主要国内交通網

 「増補待ち」

別称類

主要国の言語

  • 英語表記=Republic of Austria(リェパブリク・オブ・オゥストリァ)
    略称=Austria(オゥストリァ)
  • フランス語表記=R?publique d’Autriche
    通称=Autriche
  • スペイン語表記=Rep?blica de Austria
    通称=Austria
  • ロシア語表記=Австрийская Республика
    通称=Австрия
  • アラビア語名の音=(調査中)
  • 中国語表記=奧地利共和國
    略称=國
    通称=奧地利

その他

  • ドイツ語名=Republik ?sterreich (レパブリーク・オブ・エースターライヒ)
    略称=?sterreich(エースターライヒ)
    (ドイツ語?は、オーストリア共和国の連邦公用語

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2009/08/21 21:29:51
キーワード:
参照:[ヨーロッパ] [スロバキア共和国] [アレマン語] [パンノニア平原] [チェコ共和国の基本情報 2008年版] [ドナウ川] [スロベニア共和国の基本情報 2008年版] [スイス連邦の基本情報 2008年版] [武器類] [ムーラ川] [リヒテンシュタイン侯国の基本情報 2008年版] [モラヴィア地方] [エジプト誌] [ラアバ川] [グロック26] [スロベニア共和国] [アーティファクツやオーパーツ・ソース] [チェコ共和国の基本情報 2009年版] [スロベニア共和国の基本情報 2009年版] [スイス連邦の基本情報 2009年版] [中央ヨーロッパ] [オーストリア共和国の有用地図集] [イタリア共和国] [イタリア共和国の基本情報 2008年版] [オーストリア共和国の基本情報 2007年版] [カルパティア山脈] [現存国家] [ザルツブルク州] [UNDOF] [スロバキア共和国の基本情報 2008年版] [目で見る世界の国々17『オーストリア』] [EFTA(欧州自由貿易連合)] [イタリア共和国の基本情報 2009年版] [アイスマン] [オーストリア共和国の基本情報 2008年版] [オーストリア共和国の参照コンテンツ集] [ニーダーエスターライヒ] [ハンガリー共和国の基本情報 2008年版] [オーストリア共和国の基本情報] [西ヨーロッパ] [スロバキア共和国の基本情報 2009年版] [クロアチア共和国の基本情報 2008年版] [ヨーロッパ州のランド・マーク] [ヴィレンドルフのヴィーナス] [ヨーロッパ州の現存国家] [アルカード] [オーストリア共和国の基本情報 2009年版] [シュタイエルスカ地方] [オーストリア共和国の参照画像集] [ストラスブール市] [スイス連邦] [シュタイアーマルク] [アルバニア共和国の基本情報 2008年版] [リヒテンシュタイン侯国の有用地図集] [リヒテンシュタイン侯国] [チェコ共和国] [ムラデッチの化石人] [クロアチア共和国の基本情報 2009年版] [グロックGmbH] [ハンガリー共和国]
このページは凍結されています。