新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

サハラ沙漠

サハラ沙漠 サハラさばく 暫定版

記事内容追加調査中の暫定版です

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 サハラ沙漠は、アフリカ大陸の北部で、東西数カ国に渡って広がる世界最大の沙漠地帯。

【参照画像】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 西は大西洋岸の西サハラ?から、東はエジプト=アラブ共和国領のナイル川西岸まで。広義には、紅海沿岸部までを含むこともある。

 東西幅、およそ4000km。北は、アトラス山脈?南麓から、南北幅1500km〜1800kmほど。面積、およそ860万平方kmで、アフリカ大陸の1/3に迫る広さ。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 およそ7割ほどの広さと言われる砂礫沙漠に、岩石沙漠、泥沙漠、砂沙漠が混成している。砂沙漠地帯は、地域ではエルグ?と呼ばれ、岩沙漠地帯はハマダ?と呼ばれる。

 域内の最高峰は、チャド共和国のティスベス山地?にあるエミ・クーシ山(標高、3415m)。他に、石器時代からの遺跡が遺る、タッシリ・ナジェールの山地が、岩地性沙漠の山地帯。

 アラビア語で「荒地」を意味する単語を語源とするサハラ砂漠は、年間降水量、100mm以下。日中温度が70℃に達すこともある。

 サハラ砂漠の北と南とで、文化的な意味での北アフリカと中央アフリカ以南とを区分することがよくなされる。

 サハラ以北の西部は、第2次大戦後までフランスの政治的影響力が強かった。現、エジプト領とリビア領の一部では、U.K.(連合王国)の影響力が、やはり2次大戦後まで強かった。

GM向け参考情報

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2011/03/12 05:44:33
キーワード:
参照:[エジプトの黒沙漠] [ダフラ・オアシス] [マラ山地] [タッシリ・ナジェール] [沙漠] [北ダルフール] [東方沙漠,北アフリカの〜] [スーダン共和国の基本情報 2009年版] [リビア沙漠] [ニジェール川] [アル-ワディ・アル-ジャディッド県] [アガバート谷] [ヌビア沙漠] [アフリカ州のランド・マーク] [アルジェリア民主人民共和国の有用地図集] [マリ共和国] [西サハラ地域] [北スーダン地方] [エジプトの白沙漠] [大砂漠,(北東アフリカの〜)] [アフリカ] [アフリカ州の現存国家] [ハルガ・オアシス] [ダルフール地方] [スーダン共和国] [モーリタニア=イスラム共和国の有用地図集] [ナブタ・プラヤの遺跡] [モーリタニア=イスラム共和国の基本情報 2008年版] [モーリタニア=イスラム共和国] [マグレブ] [マリ共和国の基本情報 2008年版] [南アフリカ地域] [大リビア=アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国] [ニジェール共和国の有用地図集] [北アフリカ] [モロッコ王国の有用地図集] [西方沙漠,エジプトの〜] [中央アフリカ地域] [北部州,スーダンの〜] [マリ共和国の有用地図集] [チャド湖] [西アフリカ] [スーダン共和国の基本情報 2008年版] [ナイル・サハラ語族] [歴史的スーダン]
このページは凍結されています。